読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ日本昔話

血と土地

東電OL殺人事件

東電OL殺人事件 - Wikipedia

 

毒婦たち: 東電OLと木嶋佳苗のあいだ

毒婦たち: 東電OLと木嶋佳苗のあいだ

 

 東電OL殺人事件が起きたのは、1997年。僕はその時、17歳だった。

思春期真っただ中の多感な年ごろだと世間的にはなっていると思うが、はっきり言ってリアルタイムな思い出は一切ない。週刊誌やらワイドショーやらで散々騒がれたらしいが、全く覚えていない。

当時、僕はほとんど引きこもり同然の生活を送っていた。親が大金かけて結構いいところの私立高校に入れてくれたのだが(当然、何かの間違いである)、1年と経たずに成績不良で通信制高校へと追い出された。その後、これまた何かの間違いで大検をとってしまい、これまた何かの間違いでよくわからんがそれなりに名は通っている私立大学に入学するものの、2年と持たずに中退してしまったのは、また別の話である。

そんなことはどうでもよくて、1997年といえば、マスメディアでは援助交際が何かと騒がれていた時代であるし、宮台真司がなんか騒がれていた時代である。個人的には、宮台真司は21世紀になってから真価を発揮しだしたと思うのだが、それも別の話である。

何が言いたいのかというと、僕がこの東電OL殺人事件に興味を持ち出したのは、ここ最近の話だということだ。

Wikipediaや上記の「毒婦たち」によると、被害者たる東電OLは摂食障害だった可能性があるとのこと。そう考えると、彼女が激安価格で売春を繰り返していたことにも、何かしら納得がいくのだ。摂食障害はもれなく強迫性障害がついてくる印象がある。強迫性障害があるから摂食障害になるのかもしれんが。

それはともかく、彼女は一日当たり何人の客相手に売春するという強迫があったのかもしれない。それなら激安価格で売春していたのも納得できるわけではないが、納得できるかもしれない。なぜ、彼女がそんな強迫にとらわれていたのかは謎だが、強迫とはそんなものであろう。

そう考えると、この事件は「フリーの売春婦が何かの弾みで殺された」という、何のロマンチシズムもミステリーも陰謀論もあったもんじゃない話になる。そこには「私も東電OLだ」という自己投影も思い入れも存在しない。はっきり言って、よくあるケチな事件である。よくあるのも困るが。

ただ、どんなにケチな事件であろうとも、そこには時代精神が投影されている。当たり前だが、時代精神からフリーである同時代人など存在しない。生きている以上、時代からの影響を免れることなどできない。めんどくさいけど。いやになるけど。それは宿命として、意識しようがしまいが、引き受けて生きていくしかない。

上記の「毒婦たち」ではボロクソに言われている佐野真一の著書を読むべきなのだろうか。別に読まんでもいい気はするが、興味はあるね。

 

東電OL殺人事件 (新潮文庫)

東電OL殺人事件 (新潮文庫)

 

 

 

読んだ本

 

 

前略、殺人者たち 週刊誌事件記者の取材ノート

前略、殺人者たち 週刊誌事件記者の取材ノート

 

 

毒婦たち: 東電OLと木嶋佳苗のあいだ

毒婦たち: 東電OLと木嶋佳苗のあいだ

 

2冊ともそうだが、書かれている事件について知っていることが前提となっている。特に「毒婦たち」は、少なくとも東電OL殺人事件と首都圏連続不審死事件についてWikipediaとかで読んでおかないと、訳が分からないと思う。

東電OL殺人事件 - Wikipedia

首都圏連続不審死事件 - Wikipedia

 

私だけのランウェイ

書くことがない。書きたいことがない。

朝、雨が降っていた。雷は鳴らなかった。

雨のせいか、空気が冷えていた。

通りを走る自動車の音が寝室まで届いた。

おれは窓を開け、外の冷たい空気を室内に入れた。

何が変わる?何が変わる?

俺はどんよりとした曇り空を睨みつけた。

雷鳴が聞きたかったが、耳には自動車の走行音しか届かなかった。

遠く、遠く、遥か遠くに何かを忘れてきた気がする。

後悔するのは、したことじゃなくて、しなかったことばかり。

今までしなかったことは、これからもしないこと。

俺は雷鳴を聞きたかった。


Runway ミュージックビデオ アップアップガールズ(仮) UPUP GIRLS kakko KARI MUSIC VIDEO

 


アップアップガールズ(仮)『君という仮説』(UP UP GIRLS kakko KARI) (MV)

 

アップアップガールズ(仮)

もう僕にはyoutubeを通じてしか応援できないけど、ぶどうかんにたてるのは素晴らしいと思う、岐阜や京都でライブを見せてもらった思い出は消えることはない。

武道館の現場に立てる人は、その雄姿を胸に焼き付けてほしい。

 

https://youtu.be/SpBw25pUc1M

 

https://youtu.be/SjuYkrrARkk

 

https://youtu.be/YLZI3hdrnYU

 

https://youtu.be/CVKPSp9WkrY

 

 

とんぼ

うぉううぉううぉううぉううぉう。

 

俺は東京に住んだことはない。東京に憧れたが、住んだことはない。

くそったれの東京。東京のバカヤロー。

コツコツとアスファルトを刻みながら、俺は関西の片田舎で腐っていった。

気づいた時には全て手遅れ。

ジョー・ストラマーは正しかったのさ。

全ての若きパンクスよ。お前たちはブーツを買うために魂を売り渡すのさ。

俺は明日のためにサングラスを投げた。

ジープの向こう側に朝日が昇る。

俺が買えるのは、中古のジムニーだけさ。

ジムニーで十分。負け惜しみじゃないぜ。

 

 

昭和 (24bit リマスタリングシリーズ)

昭和 (24bit リマスタリングシリーズ)

 

 

 

ストリートコア

ストリートコア

 

 

 

おやすみホログラム


【MV】おやすみホログラム「ニューロマンサー」/OYASUMI HOLOGRAM [Neuromancer]

 


【MV】note/おやすみホログラム

 


おやすみホログラム「フォーエバーヤング(cover)」

 


Have a Nice Day!「ロックンロールの恋人」PV

大麻解禁論者に告ぐ。

大麻解禁論者に告ぐ。

なぜ汝らはそんなにも愚かなのか。

なぜ汝らは愚かであることを誇るのか。

大麻を使いチャクラを解放したところで、それは偽りである。

真の賢者は大麻など使わない。

真の賢者は神に頼らない。

自らの力のみで、この宇宙の深淵より湧き出る力を掴み取る。

そこには永遠なる暗闇が広がる。

一切の光がなく、一切の音がない。

汝らがどれだけ求めても、何も答えず、何も答えない。

自らで真理を体得しなければならない。

真理を体得すると、もれなく汝らの股間の一物は怒張を始める。

汝らは怒張した一物を鎮めるべく周りを見渡すであろう。

すると、暗闇だと思っていた空間には、汝らと同じ修行者が煮凝りができるくらい存在しているのに気づくだろう。

そして、汝らは叫ぶだろう。