ブログ日本昔話

血と土地

2016-11-02から1日間の記事一覧

私だけのランウェイ

書くことがない。書きたいことがない。 朝、雨が降っていた。雷は鳴らなかった。 雨のせいか、空気が冷えていた。 通りを走る自動車の音が寝室まで届いた。 おれは窓を開け、外の冷たい空気を室内に入れた。 何が変わる?何が変わる? 俺はどんよりとした曇…