ブログ日本昔話

血と土地

また会う日まで

わかってるのさ。わかってるのさ。

孤独の海に漁に出て、孤独の畑に種を蒔く。

わかってるのさ。わかってるのさ。